NVIDIAのドライバ導入すると起動しなくなる問題

Linux使っているとビデオカードのドライバっていうのはなかなか厄介者です
Fedora20にnvidiaのドライバをぶちこんで再起動したら起動しなくなったのでそのことについて

・ドライバの導入方法
sudo sudo ってやるのが面倒なら最初にsusudo -iでもいいです
(※ su ではなくsudo -iのほうが良いという指摘を受けましたのでsudo -iの使用を推奨させていただきます。)
プラグインの都合上 # hogehoge と書くとコメントアウトされてしまうので…

# インストールしておくと問題なくドライバがインストールできる(はず)
$ sudo yum install kernel-devel
 
# リポジトリの導入
$ sudo rpm -Uvh http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-stable.noarch.rpm
$ sudo rpm -Uvh http://download1.rpmfusion.org/nonfree/fedora/rpmfusion-nonfree-release-stable.noarch.rpm
$ sudo yum update

# NVIDIAドライバのインストール
$ sudo yum install kmod-nvidia akmod-nvidia

どんなドライバをインストールするかは調べると、kmodとかakmodとか以外にもインストールしてる記事があると思います
おそらく上記の2つをインストールしておけば大丈夫だと思います(適当)
(どれをインストールしても動いてくれるのでどれがどう違うのかとかわからない)

・再起動すると起動しなくなる問題について
上記の操作をしたあとじゃあ再起動してやるぜ!ってrebootさせると見事に起動途中で進まなくなります
調べたらnouveauというのが悪さをしているようです
起動するときにそいつがロードされないようにgrubのオプションを変更するとちゃんと起動しました
参照先のサイトではinitramfsの再構築もしているのでそちらに従って再構築します

ドライバインストール後再起動してから起動しないことを確認してCUI起動
もしくは再起動前でも構わないと思います

#initramfsの再構築
$ sudo mv /boot/initramfs-$(uname -r).img /boot/initramfs-$(uname -r)-nouveau.img
$ sudo dracut /boot/initramfs-$(uname -r).img $(uname -r)

# grubオプションの変更
$ sudo vi /etc/default/grub
GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.md=0 rd.dm=0 rd.lvm.lv=vg_f17u24/lv_swap rd.luks=0  KEYTABLE=jp106 rd.lvm.lv=vg_f17u24/lv_root SYSFONT=True LANG=en_US.UTF-8 rhgb quiet rdblacklist=nouveau nouveau.modeset=0"

$ sudo grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
$ reboot

GRUB_CMDLINE_LINUXの最後に

rdblacklist=nouveau nouveau.modeset=0

を追加するだけ。簡単ですね

・参考にしたサイト
Fedora17 + NVIDIA – OSSはアルミニウムの翼で飛ぶ
Fedora 15 に NVIDIA のグラフィックスドライバをインストール

// 編集後記(激寒)

ほとんど参照先のサイトを書き換えただけみたいな感じで意味あるのか?
みたいに僕自身も感じているのですが、にわかLinux使いの備忘録なので細かいことは気にしない方向で行きたいと思います

kernel-develとかinitramfsとかnouveauとかよくわからないまま調べてコマンド打ったら解決できましたみたいな感じで非常に情弱な感じです
調べてもあまり情報がないので困ったものだ…
どうにかしたい

One thought on “NVIDIAのドライバ導入すると起動しなくなる問題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>