艦これ専ブラ「Teitoku」をFedora20で使う

艦これ始めてしまいました
以前からアカウントだけはあってやってなかったのですが何故かやる気が起きてしまってやり始めてしまいました

そして艦これの専ブラである「Teitoku」を使ってみることにしました
シンプルで使いやすそうです

公式のサイトにあるようにzipでDLして解凍します。僕は64bit環境なので64bitのものを選びました
端末を開いて解凍したディレクトリに移動します
そこで

$ ./Teitoku
./Teitoku: error while loading shared libraries: libudev.so.0: cannot open shared object file: No such file or directory

で起動できるはずなのですが、上記のような「libudev.so.0」がないよ。みたいな趣旨のエラーがでて起動できません。

どこかからインストールできるのかなとおもって探したのですがどうやらFedoraにはないようなので
libudev.so.1 へ libudev.so.0 のシンボリックリンクを作成することで無理やり起動させてしまいます

$ cd /usr/lib64
$ sudo ln -s libudev.so.1.hoge.hoge libudev.so.0

hogehogeのところはバージョンが入ると思います
今回僕がやった時はlibudev.so.1.4.0でした

ls -l libudev.* #確認
lrwxrwxrwx. 1 root root    16  8月 12 19:27 libudev.so.0 -> libudev.so.1.4.0
lrwxrwxrwx. 1 root root    16  8月  3 23:13 libudev.so.1 -> libudev.so.1.4.0
-rwxr-xr-x. 1 root root 76592  7月 24 22:37 libudev.so.1.4.0
# 解凍しTeitokuフォルダに戻って
ldd ./Teitoku | grep udev
libudev.so.0 => /lib64/libudev.so.0 (0x0000003706200000)

こんな感じでしっかりとリンクがはられているか確認して、./Teitoku で起動してやってください
僕の環境では上記の手順でTeitokuが使えるようになりました
問題点としては本来使えるはずのショートカットが使えないということですね
まあ使用に問題はないので特に治そうとしたりするつもりはありません

提督名が以前使っていたハンドルネームなのが少々気に入らないのですがしかたないですね()
Screenshot from 2014-08-12 22:57:06

・参考にした記事
Fedora 19 で google-chrome の web アプリが立ち上がらない
UbuntuでTeitokuを動かす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>